沿革

明治26年(1893) 中野組本店として創業。
昭和4年(1929) 株式会社中野組を設立し分離独立。
昭和23年(1948) 資本金100万円に増資、事業目的を鉄工業・電気機器修理業並びに建材、農薬、機械器具の販売を目指す。
昭和35年(1960) 受配電盤製作を開始。
昭和54年(1979) 盤製作事業拡充のため電装事業部松島工場を建設、移転。
昭和57年(1982) 本社社屋を現在の松島町に建設、移転。
平成4年(1992) 商号を中野組からナビックへ変更。
平成11年(1999) エンジニアリング事業部を新設、盤製作、施工等の技術分野を統合、建材・農業資材の販売事業部門の2部門体制に。